2018年 7月 18日 (水)

仲村みう、「綾波レイ」のコスプレ姿で熱くエヴァトーク

印刷
「ヱヴァ」のイベントに「綾波レイ」のコスプレで登壇する仲村みう
「ヱヴァ」のイベントに「綾波レイ」のコスプレで登壇する仲村みう

   アニメ映画「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」のコスプレ大会やトークショーイベント「第3新歌舞伎町宣言」が映画公開日の2009年6月27日と28日の両日、東京・新宿のシネシティ広場で開催された。28日には「ネルフ広報部第1課課長」に任命されたグラビアアイドルの仲村みうが、人気キャラクター「綾波レイ」のプラグスーツ姿で登場し「熱い」エヴァトークを繰り広げるなどして映画をPRした。

   「エヴァを初めて観たのは中1のとき」。そして、「そのころから趣味でコスプレしていました。もちろんプラグスーツじゃなくて、制服のコスプレですけど」という筋金入りの「エヴァ」ファンの仲村。それでも700人のファンを前にしてのコスプレ披露はプレッシャーだった様子。その後の囲み取材では、「綾波ファンの方に怒られるんじゃないかと思ったが、皆さんやさしくて、元気をもらいました」と笑顔で語った。

   真っ青なかつらに、ぴっちりレオタードのコスプレについて仲村は、「ぴたぴたすぎて着づらくて大変でした。首のところも固くて回らなくて」と、改めて着用する仕草をしてみせて、場をなごませていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中