2018年 7月 21日 (土)

一家に1台「ドラえもん」の時代がやってきた?

印刷
(C)藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK
(C)藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK

   バンダイは、2009年にTVアニメ「ドラえもん」が放送30周年を迎えるのを記念して、ドラえもんの誕生日にあたる9月3日に、ロボット「Myドラえもん」を発売する。

   全長約16.5cmの小型コミュニケーションロボットで、本体には赤外線・温度など7つのセンサーを搭載。それぞれのセンサーから得た情報を複合して解析を行い、状況に応じたリアクションやおしゃべりをする。

   おしゃべりのセリフは1300以上が収録されており、音声認識を使わない独自技術により、スムーズに会話をしている感覚が味わえるという。

   また、作品の世界観を表現した機能も搭載。例えば、おなかの四次元ポケットを開けると、効果音と共にドラえもんが「ひみつ道具」の名前を言う仕組みになっている。

   パッケージはアニメに登場する「未来デパート」をイメージしたもの。

   価格は3万1500円。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中