不景気なんてぶっとばせ 「レイカーズ」優勝フィーバー

印刷

   渡米して間もない頃、アメリカ人が好きなプロスポーツは、1位NFL、2位NBA、3位MLB、4位NHLだとアメリカ人の友人が教えてくれました。人によっては3位以降にテニスなどをあげる人もいれば、野球には興味がないなどと言い切る人もいますが、1位と2位の人気は不動のよう。

チャンピオングッズに注文殺到

Tシャツはとにかく人気です
Tシャツはとにかく人気です

   1月末にあるスーパーボールの日は、街中はガランとしていて、いつもは予約をとりづらいゴルフコースもすいているのに、宅配ピザ屋は大忙し。友人宅などに集まってパーティーをしつつ、スーパーボールをTV観戦する人が多いためだとか。ただ、いくらNFLが人気といっても悲しいかな地元にチームがない。かわりに人気なのがNBAなのです。

   ロサンゼルスにはNBAのチームが2チームあり、レイカーズとクリッパーズ。後者は毎年成績下位をうろちょろする常連。オーナーがけちらしく、ドラフトでいい選手をとっても、結局は出て行ってしまうし、有名選手もそういないのですが、レイカーズはというと、監督をはじめとして、選手も有名。そして観客席にはハリウッドセレブがちらほらでなんとも派手なイメージ。その分、注目度も高いために、「誰と誰の仲が悪い」とか「××選手の奥さんは選手の間で評判が悪い」といったゴシップ系の話題もよく登場します。

   さて2002年から優勝と縁がなかったレイカーズですが、念願かなって、2009年のチャンピオンとなりました。

   グッズを売っている公式スポーツショップの1つ、スポーツ・シャーレーはレイカーズ優勝決定後まもなくチャンピオングッズをサイトで販売開始したところ、注文が殺到したため、ウェブサイトでの注文がとれなくなり、システム変更または従業員は時間外勤務をする羽目になったとか。

   同様にアクセスが殺到したNBAの公式ショップでは前年優勝のボストン・セルティックスの売り上げ記録を更新。人気の品はTシャツに、帽子、そしてコービー・ブライアン(以下、コービー)がインタビュー中に肩からかけていたタオルのレプリカだそう。

   この結果、新聞に出ている見出しは「不景気はどこに?」

   あらゆるものがでているチャンピオン関連グッズですが、人気のTシャツ一つにしても、チームカラーの1つである黄色の布地に優勝チームメンバーの名前が背中に書かれたデザインのものをはじめとして、色もデザインはいろいろ。定価で買えばいいお値段がするのですが、すでに割引販売しているところもあり、私がいったショップでは定価18ドルの品が5ドルのセールになっていてびっくり!

レイカーズフラッグにコービーのレプリカユニホームも

前の車、黄色いレイカーズ・フラッグをつけているのが分かるかな?
前の車、黄色いレイカーズ・フラッグをつけているのが分かるかな?

   車社会のLAらしいのはフラッグ。通常のレイカーズ・フラッグをつけている車も多いですが、それに加えて優勝フラッグをつけて走っている車も見かけます。エンジェルスが優勝したときは、ピックアップトラックの荷台に大きな大きなエンジェルス・フラッグをつけて走っている人がいましたが、そのレイカーズ版には遭遇していません。

   そしてレイカーズの有名選手といったらコービー。優勝後、夜中のトーク番組「Tonight Show」に出演、司会のコーナン・オブライエンに「(俳優の)ジャック・ニコルソン(レイカーズの大ファンで知られる)がいつもコート前で応援しているけれど、どんな気分?」という質問に「最初は"わー、ジャック・ニコルソンだ"とおもった」などと興奮気味に答えていた彼。

   ですが、以前、ショッピング・モールのサウス・コーストプラザにて彼と家族に遭遇したときは、周囲にいた人たちが「コービーだ!」「どこ?」「あそこあそこ」と大興奮していました。

   そんな人気者のコービーの背番号をつけたユニフォームのレプリカをきている人たちは多く見かけます。娘の通う学校にくる小学生の女の子もレイカーズ優勝後にきてきていましたし、その後、量販店に買い物にいったときも、コービーのユニフォームのレプリカをきてお母さんと買い物をしている男の子を見かけました。

   チャンピオングッズはスポーツショップでも買えますが、オンラインであれば、NBAのサイトからだけでなく、OC(オレンジカウンティー)の地元紙、OC Registerでも買えるのですからびっくり!

   AFGの3つのTeam LA店は、前回優勝した2002年時を14倍も上回る売り上げを記録。また、ウェブサイトによる売り上げは、一日の数字では過去最高に達し、前回を650%市のいている。となると、やはり「不景気なんてどこに?」と思わずにはいられない。

   そういえば私も自分の応援しているMLBのチーム、エンジェルスがワールドシリーズを制覇したときは、TシャツからゲームハイライトのDVD、チームの集合写真など買って幸せな気分になったなあと思い出し、「こんな時期でも元気になれることがあることは素敵だ」と新聞でインタビューに答えていたレイカーズファンの言葉にうなずくばかりなのでした。

野村香奈

【プロフィル】

野村 香奈(のむら かな)
1970年鹿児島生まれ。上智大学卒業。「AERA」「週刊朝日」で主にエンターテインメントの編集を担当した後、2000年8月に結婚により渡米。ロサンゼルスの日系無料情報誌でライターも経験。趣味はドライブ、おいしいものを食べること、情報収集、そして、MLB(メジャーリーグ)観戦。LA TimesとPeopleを愛読。現在、ロサンゼルス近郊のニューポートビーチ市(Newport Beach)在住。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中