屋根が開くかわいい「フィアット500C」

印刷
屋根を開くとこんな具合
屋根を開くとこんな具合

   フィアット グループ オートモービルズ ジャパンは、「フィアット500」のオープントップモデル「フィアット500C」を、2009年9月26日から売り出す。また、予約受付を09年7月4日から開始する。

   販売されるのは、1.2Lエンジン搭載の「500C 1.2 8V ポップ」と、1.4Lエンジン搭載の「500C 1.4 16V ラウンジ」、特別仕様の「500C 1.4 16Vラウンジ SS」の3車種。いずれも変速機にはATモード付5速シーケンシャルトランスミッションが採用される。

   柱部分を残して、ルーフ前端からリアウィンドーの位置までソフトトップが開くスライディングルーフ式の電動オープントップ。ソフトトップに一体化されるリアウィンドーはガラス製で、視認性にも優れたものとしている。

   限定50台の「500C 1.4 16Vラウンジ SS」は、レザーシートやクローム仕上げの電動ドアミラーなどが標準装備となっている。

   価格は239万円~299万円。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中