2018年 7月 17日 (火)

「年間6000円」のムダをなくす 経済的なKDDI「ソーラーフォン」

印刷
ソーラーフォン「SH002」
ソーラーフォン「SH002」


   KDDIが2009年6月13日~14日にかけて20~49歳の男女を対象に「携帯の充電切れに関する調査」を実施(有効回答数500)したところ、充電が切れた際に「コンビニで簡易充電器を購入したことがある」という人が24.6%にのぼり、そのうちの82.7%がこれを「もったいないと感じている」ことがわかった。

   「充電切れで通話ができず困った経験」が、「毎日」「頻繁にある」「時々ある」すべて含めると50.2%にのぼる現状では、簡易充電器の必要性もうかがい知れる。ただ、「もったいない」という声が多いことでもわかるが、簡易充電器にかかる費用はバカにならない。今までに「簡易充電器」を買ったことのある人の直近3か月における平均購入個数は「1.47」個。20代では「1.81」個となり、これは簡易充電器を1個800円とすると、年間で5792円、すなわち約6000円を費やしている計算になるのだ。

   その点、KDDIが販売している太陽光充電のソーラーフォンなら充電切れの心配もないうえ経済的。約10分の太陽光充電で約1分の通話、また約2時間の待ち受け延長が可能で、光量や光がソーラーパネルにまっすぐ当たっているかなど、充電状況がビジュアルで分かるソーラーモニターも付いている。

   これから夏のレジャーでキャンプなどにでかけた際や、万が一の災害時にも太陽の真下で充電ができるので安心だ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中