稲川淳二の「超こわい話」最新作

印刷
こわい話は好きですか?(画像は「うらめし~い」)(C) 2009 バンダイビジュアル/ビデオプランニング/ユニJオフィース
こわい話は好きですか?(画像は「うらめし~い」)
(C) 2009 バンダイビジュアル/ビデオプランニング/ユニJオフィース

   バンダイビジュアルは2009年7月24日、稲川淳二さんが語る怪談を収録した「稲川淳二の超こわい話」シリーズの新作DVD3商品を発売する。

   タイトルは「稲川淳二の超こわい話 おそろし~い」、「- うらめし~い」、「- おぞまし~い」で、価格は各2940円。

「とある撮影中の出来事。4人の出演者は真っ暗な樹海をバスから歩いて現場へ。1人は懐中電灯、3人は1列に手を繋いで歩いていたのだが…」(「おそろし~い」収録の「樹海」)
「とあるBar。客がカウンターの前にある窓から人が時々覗いていると言う。店は2階。その窓の下は川。気味が悪いので窓にポスターを貼ったのだが…」(「うらめし~い」収録の「常連客」)
「昔、結核の患者を隔離していた建物で、撮影が行われた。撮影が終わり、若手スタッフ2人が片づけを行っていると、やけに咳き込む音が聞こえてくるのだが…」(「おぞまし~い」収録の「隔離病棟」)

など、3作とも「超こわい話」を6話(約60分)収録している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中