2018年 7月 18日 (水)

スターフライヤー「オーデマ ピゲ」などとタイアップ 8月末までキャンペーン開催

印刷
スターフライヤー初の機体マーキングも見ものだ
スターフライヤー初の機体マーキングも見ものだ

   スターフライヤーは、2009年度のブランド戦略テーマである「その旅に、彩りを」の一環として、2009年7月13日~8月31日まで、羽田―北九州線にて「It's time to ... STARFLYER!」キャンペーンを実施する。

   同キャンペーンは「時空の様々な彩り」をテーマとし、スイスの名門時計ブランド「オーデマ ピゲ」、フランスのクリエーター「クンゼルとデガ」が製作したキャラクター「キャップ アンド ペップ」とタイアップ。「時空」という彩りを切り口に「オーデマ ピゲ(時間)」×「スターフライヤー(空・移動の空間)」という彩りを、「キャップ アンド ペップ」がヨーロッパからスターフライヤーに運んできたというストーリーで、夏の移動時期に向けて「移動することの楽しさ」を体感できるような施策が展開されるという。

   具体的には、両タイアップとも、対象便(SFJ74便・75便)の搭乗客の中から抽選でオーデマ ピゲオリジナルグッズなどレアな品物をプレゼントするとともに、それぞれ先着3000人に「花の種」やポストカードなどが贈られるというもの。

   各タイアップ期間は「オーデマ ピゲ」が09年7月13日~8月9日。「キャップ アンド ペップ」が09年8月10日~8月31日。

   また、通期展開として、1組2人にスイス旅行、1人にオーデマ ピゲ壁掛け時計が当たるオープン懸賞(全路線対象)を実施するほか、同社初となる機体マーキング(1機)と、羽田/北九州空港カウンターのマーキングも行われる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中