2018年 7月 17日 (火)

「スカイライン」に力強い家族

印刷
ボディカラーは全7色を用意
ボディカラーは全7色を用意

   日産自動車は、「スカイライン クロスオーバー」を、2009年7月13日に売り出した。

   「クーペとSUVの融合」をコンセプトに、ロングノーズにクーペのような曲線を組み合わせ、FR車のイメージを持たせたボディは、全長×全幅×全高が4635×1800×1575(単位はmm)、最低地上高は165mm(2WD車)という立派な体躯。内装は上質な雰囲気に仕立てられつつも、高い位置に配されたシフトノブや、操作しやすいセンターパネルなど利便性にも考慮している。

   エンジンは最高出力243kW(330ps)の3.7リッターV6を搭載。2400~7000rpmで最大トルクの9割を発揮する力強いエンジンに組み合わされる変速機は、マニュアルモード付7AT。Dレンジで停車する際、状況に応じてエンジンの駆動力を変速機に伝えないようにする「Nアイドル機能」を搭載したことで燃費も向上させている。

   価格は420万円~499万8000円。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中