お金をかけない長期バカンス 流行りはホーム・エクスチェンジ

印刷

   バカンス大国フランスでは、サラリーマンでも2~3週間の夏休みを取得するのが、当たり前だ。しかし、この不況で、バカンス費用も節約を余儀なくされ、多くの人が、お金を使わずに長期旅行を楽しむための方法を模索している。

自炊機能付きアパートからキャンプ場まで

貸しアパートには立派なキッチンが(写真提供 パリセレクトアパート社)
貸しアパートには立派なキッチンが(写真提供 パリセレクトアパート社)

   フランス人のバカンスといえば、周遊旅行よりも、一か所に留まって、のんびりする滞在型が主流で、キッチン付きの貸しアパートや貸別荘を利用する人が最近とみに増えているという。ファミリー向け貸しアパートの専門会社、パリセレクトアパート社の担当者によると「子どもの多い家族、親子3代で利用するお客様の場合、宿泊費がホテルより安くなります。また、キッチンには冷蔵庫、電子レンジ、鍋、フライパンの類から、食器まで揃っているので、近くのスーパーや市場で買出しをして、自炊すれば、食費もかなり抑えられますよ。毎日、レストランに行っていたら、食事代はばかになりませんから」。

   また、ここ数年、人気が高まっているのが、アパートよりも料金が割安の、貸しモービルホーム。本来は字のごとく、移動仮設住宅なのだが、海や観光地に近いバカンス村に、このモービルホームが設置され、バンガロー感覚で利用できるのだ。私自身が去年の春、ミディ・ピレネー地方で利用したモービルホームは、40平方メートルの建物にリビング・ダイニング・キッチンに小さな寝室が2つ,シャワー・トイレが、コンパクトに配置されていた。キッチンには調理台はもちろん、電子レンジ、オーブン、コーヒーメーカーまであり、使い勝手は悪くなかった。

   そして、お金をかけない長期滞在の定番といえば、キャンプだ。日本同様、キャンプ場内に共同利用できるシャワー・トイレ、炊事場、バーベキューなどの施設があり、テントをかついでやって来る学生から、キャンピング・カーで乗り付ける家族連れまで様々な人たちが利用している。中にはキャンピング・カーで1か月以上ものんびりと逗留するリタイア後の夫婦もいるそうだ。

ホーム・エクスチェンジは宿泊費「ゼロ」、空き巣防止も

簡素だが、使い勝手は悪くないモービルホーム
簡素だが、使い勝手は悪くないモービルホーム

   バカンス中、他人と住居を交換する、ホーム・エクスチェンジは、アメリカ生まれのシステムで、近年、フランスでも流行りつつある。数年前にヒットしたハリウッド映画「ホリディ」は、キャメロン・ディアス演じる主人公がこれを利用してイギリスに出かける、というストーリーだったので、ご存じの方も多いだろう。要するに、インターネットを通じて、自分が行きたい場所に住み、同じ日程で休暇を取ることが可能な人を探して、住居を交換するのだ。年間費を払って、会員登録をする専用サイトが複数あって、フランス、ヨーロッパ在住者に限定したものから、世界110カ国に会員を保有するものまで、様々だ。つい最近も新聞で、「パリにアパートを持っているので、カナダの庭付き一戸建てに住む会員とエクスチェンジした」、とか、「6年で5カ国の会員とエクスチェンジした」、などの利用者の声が紹介されていた。家と同時に車を交換することもできるので、レンタカー代の節約にもなる。他人に自分の家を使われるのは嫌だ、という人もいるだろうが、宿泊費が「ゼロ」になる上、休暇中の空き巣防止効果もある。合理的なシステムだと考える人は少なくないらしく、不況も追い風となって、利用者が増えているそうだ。

江草由香

【プロフィル】
江草由香(えぐさ ゆか)
フリー・編集ライター。96年からパリ在住。ライターとして日本のメディアに寄稿しながら、パリ発日本語フリーペーパー『ビズ』http://www.bisoupfj.comの編集長を務める。著書は芝山由美のペンネームで『夢は待ってくれるー女32才厄年 フランスに渡る』。趣味は映画観賞。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中