「3MOS方式」のデジタルビデオカメラ

印刷
きれいな映像を撮影できる
きれいな映像を撮影できる

   パナソニックは2009年7月25日、高画質のデジタルビデオカメラ「HDC-HS350」を発売する。

   色を光の3原色に分け、各色を別々の専用MOSセンサーで処理する「3MOS方式」を採用。被写体の色の再現性が高く、高精細な映像を撮影できるという。また、従来よりも精度を向上させた手ブレ補正機能や、被写体に自動でピントを合わせ続ける「追っかけフォーカス」機能も備える。

   最長で100時間録画できる容量240GBのハードディスクドライブを内蔵するほか、別売りのSDカードへも記録できる。画素数は動画撮影時621万画素、静止画撮影時1060万画素。

   想定価格は15万円前後。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中