レクサスからハイブリッド専用モデル

印刷
ボディカラーは全10色を用意
ボディカラーは全10色を用意

   トヨタは、レクサスブランドからハイブリッド専用モデル「HS250h」を、2009年7月14日に売り出した。

   吸気バルブが閉じるタイミングを遅らせることで熱効率を向上させる、アトキンソンサイクルを用いた2.4Lエンジンとモーターを利用したハイブリッドシステムを搭載。燃費性能は23.0km/Lを実現したといい、さらなる燃費向上のために冷却水を排気熱で温めエンジン暖機時間を短縮する排気熱再循環システムや、LEDランプを用いている。

   外装は、室内長を大きくとり、ロングキャビンとして居住性を実現しつつも、CD値0.27という空力性能にも配慮したデザインを採用。前に張り出したフロントピラーや、低く設けられたバンパーなどが特徴的だ。内装では、視認性と操作性を高め、最小限の視線移動で情報を視認できる「ヘッドアップディスプレイ」や、指先でナビ画面上のポインターを操作できる「リモートタッチ」などを採用している。

   また、前席のシート座面と背面からの送風でシート表面温度を下げるベンチレーションシステムの採用や制振材・遮音材の効果的な配置にすることで、レクサスらしい高級感も演出している。

   価格は、395万円~535万円で、09年9月からは北米での販売も予定している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中