テーマパーク体験が深める人の絆 USJに新プロジェクト「きずなラボ」発足

印刷
高橋ジョージ・三船美佳さん夫妻もアトラクションを楽しむ前後に脳機能測定などを実施。「信用」「理解」「愛情」各項目で高い数値の上昇があった。右が古賀教授(09年7月18日、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン内で)
高橋ジョージ・三船美佳さん夫妻もアトラクションを楽しむ前後に脳機能測定などを実施。「信用」「理解」「愛情」各項目で高い数値の上昇があった。右が古賀教授(09年7月18日、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン内で)

   ユニバーサル・スタジオ・ジャパンは、人と「絆」の関係を科学的に調査・検証し、人々の「絆」づくりに貢献するための新提案に取り組むプロジェクト「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン きずなラボ」(以下、きずなラボ。顧問=杏林大学医学部・古賀良彦教授)を2009年7月1日に発足。立ち上げた「きずなラボ公式HP」(http://kizuna-lab.jp)から「絆」に関する調査研究結果を発信していく。

   「複数人の脳活動を、テーマパークでの体験の事前・事後で同時に測定した結果、前頭葉の右脳、左脳、両半球ともに血液量の測定値に明らかに差がでた。これは、脳測定と同時に行った心理測定のVAS(視覚的アナログ尺度)による質問紙調査の結果、パーク体験後に、夫婦、恋人、友人と絆が築けている割合が高まったという心理的な側面の結果を、脳の働きという側面からも裏付けている。つまり、脳科学の見地からも、テーマパークでの体験によって絆が深まることが明らかになった」と古賀教授。

   PC、携帯サイトで展開している「きずなラボ」公式HPでは、ゲスト向けの楽しいコンテンツ「きずなマップ(PCサイトのみ)」と「ケータイきずな度診断(携帯サイトのみ)」も提供していく。「ケータイきずな度診断」は、パーク内で配布されるスタジオ・ガイドに掲載のQRコードまたは公式携帯サイトから専用ページにアクセスし、パーク来場時および退場時に質問事項に答えると、パーク体験前後のきずな時がパーセンテージで表示される仕組みだ。サービス期間は09年8月31日まで。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中