BMWのフラッグシップ 「8速AT」で堂々登場

印刷
BMWのフラッグシップ発表にライバルたちはどう出るか?
BMWのフラッグシップ発表にライバルたちはどう出るか?

   BMWは、「7シリーズ」に「760Li」を追加し、注文受付を開始すると2009年7月16日に発表した。納車は、09年11月以降を予定している。

   ロングホイールベースのフラッグシップ・モデルとなり、搭載されるエンジンは新開発の6リッターV12エンジン。最高出力400kW(544ps)という数字もさることながら、750Nmもの最大トルクを1,500rpmから発生させる力強いモデルだ。変速機は、BMW量産モデルとしては初めての搭載となる8速ATを組み合わせる。

   外装には専用デザインのパーツを多用し、幅広のキドニー・グリル、ウインカー内蔵のエンブレムなどを備える。内装は高級感を演出したものとなり、レザー仕上げのインスツルメント・パネル、アルカンタラのルーフ・ライニングなどが与えられている。

   価格は1920万円。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中