不況で売れ行きイマイチ 今年の「Back to school」

印刷

   早いもので夏休みがはじまって1ヶ月がたちました。

   毎年、7月4日の独立記念日が過ぎるとはじまるのが新学期準備セール、Back-to-school Sale。Year round(通年制)の学校の授業がはじまる7月末に間に合うタイミングです。大型スーパーからドラッグストア、そしてOffice Depotのようなオフィス用品専門店にいたるまで店の一角にBack-to-school Saleコーナーを設け、広告にも大々的に「Back-to-school」とのせて、売り出します。

予算減で寄付の回数も増えてきた

パソコンもBack-to-school Saleの対象品です
パソコンもBack-to-school Saleの対象品です

   日本では新学期を迎えるにあたり、自分で新しく必要なもの、ノートや鉛筆などの学用品を準備した記憶があるのですが、こちらではSupply Listが学校から配られます。自分が通う学校のサイトに行ってリストを入手し、それをみながら自分の学年に必要なものを準備するのです。

   そのリストに書かれているものを例に記すと、あるKindergarten(幼稚園)の場合、クレヨン、のり、シール、ポケットフォルダーなど。フォルダーなどは色も指定してされています。

   またリストには不思議な物も。例えば「1 pkg(パッケージ)baby wipes」や「1 box Kleenex」等々。友達によるとそれらは「クラスへ、あるいは学校への備品の寄付」。リストにのっている他の学用品とともに新学期初日に学校にもっていき、準備してある箱にいれておくそうです。

   一応任意とのことですが、友人の一人はもたせていると話していました。そして学期中に在庫がきれそうになると、また品物の寄付を募る連絡が。ここのところ州からの教育費補助金削減により、学校の備品を揃える予算が減っているらしく、寄付の回数も増えてきたそうです。

   またこれらの必須のSupply Listとは別に、個人で揃えるのが水筒、ランチバッグやバックパック。こちらに住む日本人に人気の大型日用品スーパー、Target(ターゲット)ではBack-to-school Saleの時期になると、子どもたちがすきそうなキャラクターがのったバックパックや水筒、ノートなどが並びます。

定番キャラは「スパイダーマン」「キティちゃん」

Ni Hao Kai-lanファンの4歳の娘もでバックパックを購入
Ni Hao Kai-lanファンの4歳の娘もでバックパックを購入


どのランチバッグがいいかな?

   定番キャラクターは男の子用がスパイダーマン、女の子はキティちゃん、バービー、プリンセス。そしてティーン向けにはHigh School Musicalと大人気のHannah Montana(ハンナ・モンタナ)グッズ。今年はこれにGIジョー、スターウォーズ、BAKUGAN(共に男の子用)、Ni Hao Kai-lan(女の子)が加わっていました。Ni Hao Kai-lan はこちらの教育番組のひとつでKai-lanはその主役のキャラクター。英語と中国語を話す女の子です。かわいいし、番組もおもしろいものの、キティちゃんやバービー、プリンセスのようにロングセラーの人気キャラでもない。そのためKai-lanグッズが新たに登場しているのをみて、「売れるの?」と思ったのです。プリンセス系グッズを買いにいったのに、娘がKai-lanを選んだときは「来年使えないキャラだ(涙)」と落ち込みましたが、意外と人気にようで「流行にのったか?」と一安心。

   これらはシーズン限定販売商品のため、買い損ねると基本的にもう入手不可。数年前にでたキティちゃんの水筒はとてもかわいくて大人気で売り切れ。定価は12ドルぐらいだったのに、なんとeBayで50ドルの値がついていました。

   ランドセルもないため、いわゆるバックパックは通学バッグのひとつ。こちらの学校のプリント類が日本より大きいため、質のいい日本のリュックがつかえず、子どもたちは体より大きいバックパックを背負ったり、カートについたタイプのバックパックを買ってスーツケースのように引いたりして歩いています。

   毎年Back-to-school Saleの時期は早々に品物が売り切れていくものですが、今年は景気のせいか客足も売れ行きもいまいちのよう。LA Timesによると皆、使える物は新規購入せず、買わなければいけない場合は割引率の高いお店にいったり、割引クーポンを使ったりしているそう。またドラッグストアのほうが安いということで利用客が増えているとか。

   消費者がなんとかきりつめているというのに、ロサンゼルス市は先日のマイケル・ジャクソンのメモリアルサービスでかかった警備費用などの警察関係費用を納税者に求めるとか求めないとかで二転三転。総額1.4ミリオンドルとも4ミリオンドルともいわれるこの経費、とりあえず寄付金は募りはじめているようですが、ジャクソンファミリーはお金があるのだからそちらに請求すればというのが私を含めた周りの意見。というより、はっきり出資者決めてからイベント開催すればいいのに、なんだかなあ・・・。友人のアメリカ人は「ファンではないのに」と愚痴っていました。

【プロフィル】
野村 香奈(のむら かな)
1970年鹿児島生まれ。上智大学卒業。「AERA」「週刊朝日」で主にエンターテインメントの編集を担当した後、2000年8月に結婚により渡米。ロサンゼルスの日系無料情報誌でライターも経験。趣味はドライブ、おいしいものを食べること、情報収集、そして、MLB(メジャーリーグ)観戦。LA TimesとPeopleを愛読。現在、ロサンゼルス近郊のニューポートビーチ市(Newport Beach)在住。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中