2018年 7月 19日 (木)

YouTube「3D動画」に対応

印刷
一見の価値アリ
一見の価値アリ

   動画サイト「YouTube」で3D動画が見られるようになった。まだ実験段階ということだが、YouTubeのヘルプフォーラムでは2009年7月17日から3D動画についてのやり取りが公開されており、議論に参加している「BlackSharkfr」さんや「yuriythebest」さんらの3D動画がすでに公開されている。

   同時に撮影した動画を左右に2つ並べ、動画情報のタグに「yt3d:enable=true」と入力すると、自動的に3D動画として処理される仕組み。3D動画には「3D表示方式」というプルダウンメニューが付き、立体視の方法を選択できる。「赤・青」、「黄・青」、「緑・マゼンタ」といった3Dメガネに対応しており、選択するとその3Dメガネで立体的に見えるように動画を変更することができる。

   その他、3Dメガネが手元になくとも、平行法、交差法、ミラー法といった立体視ができる人であれば、3D動画を体験することが可能だ。実際に「交差法」で3D動画を観てみると、確かに奥行きのある立体的な動画に見える。高解像度でアップされているものにいたってはかなり美麗だ。現在あがっている動画は風景動画などが多いが、今後、さまざまなジャンルの動画が「3D」であがる日も近いかもしれない。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中