インプレッサに「スポーティモデル」

印刷
専用ボディーカラー2種類も用意
専用ボディーカラー2種類も用意

   富士重工業は、「スバル インプレッサ WRX STI」に新グレード「WRX STI spec C」を追加し、2009年7月23日に売り出した。

   スポーティグレード「WRX STI」をベースに、エンジンやシャシー性能強化、軽量化を施したより高度なスポーティモデル。モータースポーツでの使用を前提としており、エンジンではターボの軸受け部にボールベアリングを採用したことでスロットル操作への応答性を向上、シャシーではサスペンションの見直しなどにより接地性を高めた。

   ボディもアルミ製フロントフード、軽量ガラスの採用やスペアタイヤの廃止により軽量化も実現、50kg以上の軽量化を実現している。

   17インチタイヤ仕様と18インチタイヤ仕様の2種類が用意され、価格は17インチが337万500円、18インチが368万5500円。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中