「WiMAX」対応のモバイルPC&ネットブック

印刷
画像は「dynabook RX2/T9JMA」
画像は「dynabook RX2/T9JMA」

   東芝は2009年7月24日、高速無線通信「WiMAX」対応の12.1型モバイルパソコン「dynabook RX2/T9JMA」を発売した。

   KDDI系のUQコミュニケーションズが、09年7月に本格的な商用サービスを始めた高速無線通信規格「WiMAX」用の通信装置を本体に内蔵した。プロバイダなどと契約すれば、対応エリア内で高速インターネット接続が可能。

   性能面では、読み書き速度を従来よりも向上させた容量128GBのソリッドステートドライブ(SSD)のほか、インテル社のモバイルPC用CPU「Core 2 Duo SU9400」を搭載した。メモリの容量は3GB。A4サイズ(283mm×215.8mm×25.5mm)で、1013gと軽く、標準バッテリーで12時間使えるので持ち運びに向く。想定価格は29万円前後。

   また、09年8月中旬には「WiMAX」対応のネットブック「dynabook UX/27JBLMA」も発売する。想定価格は7万円前後。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中