中身・パッケージとも変えた「焙じ茶」

印刷
秋を感じさせる焙じ茶にぴったりなパッケージ
秋を感じさせる焙じ茶にぴったりなパッケージ

   サントリー食品は、「伊右衛門 焙じ茶」を2009年8月18日から季節限定で売り出す。

   春摘み茶葉をひと夏寝かせて熟成させた「寝かせ一番茶」を使用、茶葉を直火でじっくり炙る「福寿園」独自の技術を用いて、まろやかな口あたりと香ばしい味わいを実現している。自動販売機で通年売られている「焙じ茶」とは中身・パッケージとも異なる。

   価格は2Lペットボトルが330円、500mlペットボトルが140円(いずれも税別)。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中