野菜を取り出しやすく、新鮮保存の冷蔵庫

印刷
重い野菜も屈むことなくラクに出し入れできる
重い野菜も屈むことなくラクに出し入れできる

   東芝ホームアプライアンスは、野菜室を中段に配置して野菜を取り出しやすしたうえ、浮遊菌や野菜の傷みを早めるガスを除去する「プラチナプラスユニット」を搭載した冷凍冷蔵庫「プラチナ潤い鮮蔵庫 野菜収納名人 GR-B43F」を、2009年9月10日に発売する。

   「GR-B43F」は、6ドアタイプのノンフロン冷凍冷蔵庫。出し入れ回数の多い野菜室を真ん中に置いたレイアウト「まんなかの野菜室」を採用。さらに、プラチナプラスユニットで、野菜の傷みを早めるエチレンガス、アルデヒド系のガスを分解。また内部の湿度を常時95%程度に保つことで、野菜はラップなどで包まなくても、みずみずしさを保てるようにした。冷蔵室の湿度も約85%の「うるおい冷気」で新鮮保存。内容量は425リットル。店頭想定価格は23万円前後の見込み。

   この他に、328リットル~405リットルの3機種を用意。店頭想定価格は19万円~22万円前後。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中