椿姫彩菜「受け入れてほしかった」 「性同一性障害」を考えるシンポ開催

印刷

   身近な人が性同一性障害をカミングアウトしたとき、あなたは受け入れられるだろうか――。「性同一性障害特例法」施行から5年が経過し、改めて社会的な関心を高めることを目的とした、第1回「GID(性同一性障害)シンポジウム2009」が2009年8月3日、都内で開催。満席の会場は、椿姫彩菜(モデル)さんらパネラーの話を熱心に聴いていた。

社会的な受け入れはまだ不十分

GIDへの理解を訴えた椿姫彩菜さん
GIDへの理解を訴えた椿姫彩菜さん

   この日、司会を務めたアナウンサーの政井マヤさんは、性同一性障害(以下、GID)当事者をインタビューした経験があり、問題意識を持っている1人だ。政井さんがGIDについて、「体の性別と心の性別が一致しないために、違和感・悩みをかかえること」と説明するのをきっかけに、会は進んだ。GIDに悩み、医療機関に通うのは約7000人。ここ数年、椿姫さんなど性同一性障害を告白した人の活躍がクローズアップされている。

   注目するのは、GIDに対する認識が高まっている点だ。09年に行われた調査結果(※)ではGIDの認知度は99.5%という結果が出ている。GID学会理事長・大島俊之九州国際大学教授は「認知度向上のひとつに、ドラマの影響がある」と話す。前出の調査でも、性同一性障害を知ったきっかけは、20~30代がドラマ、40~50代は報道番組からという結果となっており、特に2001年にTBS系ドラマ「3年B組金八先生」で性同一性障害の生徒が描かれていることが大きかったようだ。また、04年には「性同一性障害特例法」が施行され、戸籍上の性別を変えられるようになったことも要因だろう。

   だが、社会の受け入れ体制については厳しい現状が浮き彫りになった。前出の調査では、「性同一性障害当事者を受け入れる社会になっていない」とする回答が、実に63.7%を占めている。椿姫さんは「バカにされたり、後ろ指をさされてつらかった。受け入れて欲しかった」と話し、自助・支援グループの運営メンバーである野宮亜紀さんも、「かわいそうな人、特別な人ではない。不利益はあるが、だからといって人生が不幸だというわけではない」と強く訴えた。

「一番ハードルが高いのは家族」

第1回「GID(性同一性障害)シンポジウム2009」(8月3日、都内で)
第1回「GID(性同一性障害)シンポジウム2009」(8月3日、都内で)

   困惑しているのは「社会」だけでなく「家族」も同様だ。針間克己・はりまメンタルクリニック院長は、「一番ハードルが高いのは家族」と指摘。「親にとって、実の子の性別が変わることは、人生を否定されたかのように感じる」と説明。同時に、自身が死んだ後、このような厳しい社会のなかで、わが子が生きていけるのだろうかとの不安も大きいと思われる。

   性別適合手術を受けた椿姫さんも「私の場合、生まれ持った性質を大切にしたい、私の人生を大事にしたいと考えていました。でも、両親にとっては世間体とともに、我が子が命をかける手術を受けることへの不安もあったのではないかと思うんです」と話した。

   性別とは「人格」の一部。私たちがまずすべきことは、GID当事者たちが置かれている状況・心情を理解することなのかもしれない。

   なお、2009年8月12日には、第2回「GIDシンポジウム2009」が都内で開催予定(19時30分~21時)。全国紙記者やテレビ番組制作者らが参加し、GID報道のあり方に関してディスカッションを行う。次回のシンポジウムにも出席予定の大島教授は、8月23日から毎週連続6回で放映する「ママは昔パパだった」 (WOWOW/日曜22:00~全6回)の監修を担当しており、「当事者を受け入れることが難しい社会と家族の葛藤が赤裸々に描かれていると思う。こういったドラマが少しでも社会の理解の後押しになることを願う」と今後に期待を寄せた。

   (※)「GIDシンポジウム2009」実行委員会が2009年7月10日~11日、インターネット上で実施した。対象は男女1038人(男性519人、女性519人)。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中