2018年 7月 19日 (木)

鬼太郎茶屋プレゼンツ「妖怪かき氷」とは一体?!

印刷
夕涼みしつつ食すのも風情かな
夕涼みしつつ食すのも風情かな

   東京・調布で「ゲゲゲの鬼太郎」関連グッズを販売する鬼太郎茶屋が現在、09年9月末までの期間限定で販売中の「妖怪かき氷」が、ネーミングや外見のユニークさから人気を呼んでいる。価格は600円(税込み)

   ベースとなるのは抹茶のかき氷。そこにあんこと練乳をトッピングし、上に目玉おやじに見立てた「目玉餅」を乗せた。「目玉餅」はぎゅうひの中にあんこを入れ、食紅で色をつけたお菓子(15個入り650円、税抜き)で同店でも販売中だ。かき氷全体を通して、鬼太郎の頭の中から目玉おやじが顔をのぞかせる様子をイメージしている。

   大きな貫目氷を1杯ずつ削ることで出した氷の「ふわふわ感」が特徴的で、2003年以来の発売以来、リピーターが続出する人気商品だという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中