2018年 7月 17日 (火)

スズキが競技用オートバイ2車種

印刷

   スズキは、モトクロス競技用オートバイ「RM-Z250」を2009年8月20日に、「RM-Z450」を09年10月28日に、それぞれ売り出す。

写真は「RM-Z450」
写真は「RM-Z450」

   「RM-Z250」は、新採用の燃料噴射装置によって加速力を向上させたほか、付属のカプラーによって燃料の濃さを変えられるようにしたことでコース状況に合わせたセッティングが可能となる。

   「RM-Z450」は、エンジンの設計を変更し出力を向上させた。また、フレームとサスペンションを見直したことで操縦性も高めている。

   価格は「RM-Z250」が72万4500円、「RM-Z450」が85万500円。なお、競技専用車のためナンバープレートの取得はできず、公道などでの走行はできない。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中