真空機能を活用した保温釜2機種

印刷
真空機能で炊きムラを抑えて、ふっくらおいしく
真空機能で炊きムラを抑えて、ふっくらおいしく

   東芝ホームアプライアンスは、真空機能を炊飯・予約・保温まで幅広く活用し、内釜に熱伝導性の高い「剛熱ダイヤモンド銀釜」を採用した「真空圧力IH保温釜 RC-10VXC/18VXC」と、玄米や雑穀米の保温が可能な「真空圧力IH保温釜 RC-10VGC/18VGC」を、2009年9月1日に発売する。

   「RC-10VXC/18VXC」は、鍛造厚釜の外側に熱伝導率が高い銀を含む素材をコーティングしたほか、内釜には熱伝導率の高いダイヤモンド微粒子をコーティングした「剛熱ダイヤモンド銀釜」を採用。これにより、沸騰開始時に内釜表面から発生するきめ細かい気泡と、釜全体に行き渡る熱で均一に炊き上げる。ごはんのおいしさに欠かせない「はり」と「つや」を引き出す圧力剛熱「はりつや炊き」や、お米が本来もっている甘みを引き出す「酵素活性 甘み引き出し」機能を新たに搭載した。

   「RC-10VGC/18VGC」は、ネオジウム磁石採用の小型高性能の真空ポンプ2機を使用。急速な減圧でより芯まで吸水したお米に、圧力をかけて炊飯することで「はり」「つや」「甘み」のあるご飯を炊き上げるほか、業界最長の40時間保温、玄米や雑穀米の12時間保温も可能にした。調理コースで、パンや温泉卵、豆腐、蒸し料理ができる。

   このほか、「真空IH保温釜 RC-10VZC/18VZC」を8月1日に発売する。

   いずれも、オープン価格。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中