安全面もぬかりなし ボルボの4駆

印刷
低速用追突回避装置もあるボルボの4駆
低速用追突回避装置もあるボルボの4駆

   ボルボ・カーズ・ジャパンは、新型「XC60」を、2009年8月29日から売り出す。

   クロスカントリーとクーペを融合させたセグメントに位置づけられ、ボディサイズは全長×全幅×全高が4625×1890×1715、最低地上高が235(単位はmm)という立派なもの。エンジンは最高出力210kW(285ps)、最大トルク400Nm(40.8kgm)の3L直6ターボ。変速機は6速ATが組み合わされ、駆動方式は全輪駆動となる。

   ボルボといえば安全技術のイメージがあるが、同車も安全面の装備が充実しており、低速用追突回避・軽減オートブレーキシステム「シティ・セーフティ」が与えられる。これはルームミラー前方に置かれたセンサーが前方車両の走行状態を把握し、追突の危険性がある場合ブレーキの反応を素早くする機構が働き、もしブレーキが踏まれなかった場合には、自動的にブレーキがかかる仕組みだ。この機構は時速30km以下で作動し、追突回避もしくはダメージ軽減を実現するという。

   価格は599万円。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中