取り戻したい写真に払える金額は「2万円以上」! 男女500人調査

印刷

   デジカメプリントの「パレットプラザ」「55ステーション」を展開するプラザクリエイトは、このほど20代~30代の男女522人に対して「写真に関する意識調査」を実施(調査期間2009年7月22日~27日)。調査結果からは、いい思い出となるべき瞬間を案外、写真に収められていないという現状が明らかになった。

   「あの瞬間、写真で撮っておけばよかったと思うものは?」との問いに対しては、「学生時代」との回答が19%と最も多く、2番目以降は「旅行」(17%)「家族」(10%)「恋人」(9%)の順。また、「その写真を手に入れられるとすれば、いくらまで払えますか?」との問いの回答は、男女平均で「2万5812円」となっており、「1万円以上払ってでも手に入れたい」とする人も全体の約4割(37%)に上った。

   写真を撮らなかった理由としては、「学生時代」の場合は「当時は必要ないと思っていた」という回答が多く、「旅行」の場合は「他人に撮影を頼むのが恥ずかしかった」といった意見があがるなど、撮影する機会があってもついつい撮りそびれてしまうケースが多いようだ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中