2018年 7月 21日 (土)

燃費向上させたベンツ「Cクラス」

印刷
燃費が悪いなんて言わないで
燃費が悪いなんて言わないで

   メルセデス・ベンツ日本は、「Cクラス」に新開発の直噴ターボエンジン搭載モデル「C 250 CGI ブルーエフィシェンシー アバンギャルド」「C 250 CGI ブルーエフィシェンシー ステーションワゴン アバンギャルド」を追加し、2009年8月25日に売り出した。

   それぞれ「C 250 アバンギャルド」「C 250 ステーションワゴン アバンギャルド」のエンジンを1.8L直4直噴ターボエンジンに変更し、名称も改めたもの。従来の2.5リッターV6気筒モデルにくらべ、同等の出力と、最大トルク26%の増加を実現しつつ燃費を向上させたという。

   価格は「C 250 CGI ブルーエフィシェンシー アバンギャルド」が567万円、「ステーションワゴン」が587万円。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中