燃費向上させたベンツ「Cクラス」

印刷
燃費が悪いなんて言わないで
燃費が悪いなんて言わないで

   メルセデス・ベンツ日本は、「Cクラス」に新開発の直噴ターボエンジン搭載モデル「C 250 CGI ブルーエフィシェンシー アバンギャルド」「C 250 CGI ブルーエフィシェンシー ステーションワゴン アバンギャルド」を追加し、2009年8月25日に売り出した。

   それぞれ「C 250 アバンギャルド」「C 250 ステーションワゴン アバンギャルド」のエンジンを1.8L直4直噴ターボエンジンに変更し、名称も改めたもの。従来の2.5リッターV6気筒モデルにくらべ、同等の出力と、最大トルク26%の増加を実現しつつ燃費を向上させたという。

   価格は「C 250 CGI ブルーエフィシェンシー アバンギャルド」が567万円、「ステーションワゴン」が587万円。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中