R-15指定「愛のむきだし」がDVDで登場

印刷
ひとりレイトショーでどっぷり浸ろう
ひとりレイトショーでどっぷり浸ろう

   アミューズソフトエンタテインメントは2009年7月24日、DVD「愛のむきだし」を発売した。

   同作品は2008年、劇場で一般公開(R-15指定)されており、実話をベースにし237分もの長さでつむぎ出す純愛ムービーとして話題を呼んだ。

   主人公ユウ(西島隆弘)は神父の父テツ(渡部篤郎)との2人暮らし。優しかったテツだが、失恋をきっかけに態度が一変、ユウに「懺悔」を強要するようになる。ユウは父との繋がりを失いたくない一心で、さまざまな罪を創作し吐露していくが、唯一、許されない罪があり、それが女性の股間ばかりを狙う「盗撮」だった。そうしたなか、理想の女性ヨーコ(満島ひかり)と出会ったことをきっかけに、ユウとヨーコは不可思議な出来事の連鎖に巻き込まれていく・・・。

   監督は「自殺サークル」で一躍有名となった園子温(そのしおん)。

   DVDは本編2枚組+特製ディスクつき。価格は5460円。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中