「モーガン」が「ミニ」に抜かれる!?  ヴィンテージカーの夢レース

印刷

   9月第1月曜日、今年は7日のレイバーディで、アメリカの夏は終わり。翌8日から、新入生を迎える新学期が始まりました。最高の天気に恵まれた土曜日、コネチカットのライムロックパークで行われたクラッシックカーのレース、第27回ヴィンテージ・フェスティバルに行ってきました。

故ポール・ニューマンも走ったサーキット

モーガン愛好家の駐車場。どの車もピカピカに磨き上げられています
モーガン愛好家の駐車場。どの車もピカピカに磨き上げられています

ヴィンテージレーシングカーによるレースは新鮮でカッコいい!
ヴィンテージレーシングカーによるレースは新鮮でカッコいい!

   ニューヨーク市を北に向って抜けて行くと、直ぐに緑の山間道になり、見え隠れする湖、干し草用に刈り取られたばかりの草が香る平原、馬がのんびりこちらを見ている牧場、絵に描いたようなアメリカの小さな町を通り抜け、およそ2時間でライムロックに到着します。周りにヴィンテージカーが続々現われ、間違いなくサーキットに向っているのがわかります。車に乗ったまま購入する入場券売り場では、ロータス、アルファロメオ、BMW、トライアンフに囲まれてチケットを購入。1日券は$45なり。

   駐車場は、まさにクラッシックカーのショーケース。イギリスの自動車会社で唯一、今だに創業者家族が経営するモーガンは、来年で創業100周年。イギリス車用駐車スペースに、ずら~っと10台以上がならんでいます。映画のなかでジェームス・ボンドが乗ったアストンマーチンDB5。日本車代表はスバル360。中には「レースに出たい!パーツ求む!」と張り紙した車も。サーキットに入らずとも、駐車場で大満足。

   このサーキットは、故ポール・ニューマンも走った1.53マイルのこじんまりしたサーキット。鈴鹿や富士など日本のサーキットとの大きな違いは観客席。寝っころがるもよし、椅子を持ち込むもよし、そう観客席は緑の芝生なのです。小さいサーキットなので、観客は歩いてメインストレートを見に行ったり、抜きどころのカーブに移動したりと、いたって自由。ここにあるスキップ・バーバー・レーシングスクールでは、フォーミュラカーのレッスンも受けられるそう。

   今回のレースは、パドックも出入り自由。車のオーナーさんやメカニックの人とおしゃべりもできるのです。我々が行った土曜日は、戦前レースカー、50年代2リットル以下、70年代レースカーなど8レース行われました。解せなかったのは、トライアンフ、アルファロメオ、モーガンが、あのミニクーパーにやられちゃうところ。周りの人も、野次を飛ばすでもなく、ピクニックバスケットを携えて家族でのんびり楽しんでいます。同行者は「まぁまぁ、そう熱くならずに、ジェントルマンのスポーツだから」と。

   F-1のように大スポンサーがついて、チームもドライバーも勝負にピリピリしているのしか見たことがなかったので、お気に入りのヴィンテージカーを自己資金でリストアして、参加するレースは、とても新鮮でした。それにしても、アメリカは失業率も上昇中のリセッションではなかったの?と、問いたくなるほど、超のつくお金持ちは存在するのですね。

レース終了後にはボランティア乗せコース疾走

グランプリを席巻したメルセデスベンツのW154もこんなに近くで見られます
グランプリを席巻したメルセデスベンツのW154もこんなに近くで見られます

   1日目のレースが終了すると、レースに参加した車達が、コース上に続々と終結し始めます。この日、ボランティアした人たちを乗せてコースを走るのです。こういう小さな感謝の表し方って、かっこいいですね。

   駐車場への道沿いに並ぶお土産物屋で、アストンマーチン、フェラーリ、ロータスなど有名自動車会社のエンブレムが並ぶショーケースの中に、見たことがない1枚「プリンス・オブ・ダークネス」よくみると、ルーカスという文字が。英国の電気系部品メーカーのルーカス社を皮肉って作られた物なのです。こんなの車好きの人にしかわかりませんねぇ。

坂本真理

【プロフィル】
坂本真理(さかもと まり)
明治大学卒業後、在日米空軍横田基地で写真中隊に勤務。ロータリークラブ大学院奨学金で、アメリカ留学後、東京で「AERA」や「Hanako」など雑誌の写真の仕事をし、99年からニューヨークのアッパーウエストサイドに在住。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中