ホンダ、二輪車用タイプの変速機を開発

印刷
仕組みを図解するとこんな具合
仕組みを図解するとこんな具合

   ホンダは、世界初となる二輪車用「デュアル クラッチ トランスミッション」を開発したと、2009年9月8日に発表した。

   ポルシェや日産「GT-R」などの四輪車などでも用いられ、奇数段と偶数段のそれぞれに独立したクラッチを与える、クラッチを2枚使用した変速機の二輪車用タイプ。軽量コンパクトなものとしたことで、既存のエンジンレイアウトを大きく変更することなく搭載が可能だという。また、自動変速のフルオートモードと、MT感覚の操作が可能な「6速マニュアルモード」を備える。

   この変速機は2010年から順次、大型スポーツモデルの新型に採用していく予定だという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中