2018年 7月 18日 (水)

売り込め!「第3のモバイルツール」

印刷
携帯、ネットブックに次ぐ「第3のモバイルツール」と位置づける
携帯、ネットブックに次ぐ「第3のモバイルツール」と位置づける

   シャープは2009年9月25日、A6サイズ(161.4mm×108.7mm×19.7mm)、409gの小型軽量な本体に、5型のタッチパネル式液晶画面を搭載したモバイル端末「PC-Z1」を発売する。

   無線LANやUSB接続の通信機器によるネット接続に対応し、ウェブサイトの閲覧やメールの送受信ができる。ビジネス文書を作成、編集できるソフト「Open Office」も搭載した。同社では、「PC-Z1」向けに辞書ソフトや電子書籍などのコンテンツも提供していくとしている。フル充電で10時間使える。

   基本ソフト(OS)に「Windows」シリーズを採用していない点がネットブックとは異なり、携帯とネットブックの間に位置する「第3のモバイルツール」として売り込む。

   ホワイト、ブラック、レッドの3色でレッドは09年10月下旬発売。直販サイトでの販売価格は4万4800円。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中