2018年 7月 23日 (月)

取引機会を逃さない! スプレッドを抑えても約定率そのまま

印刷

   マネーパートナーズが運営する外国為替証拠金(FX)取引の「パートナーズFX」は、99.7%以上の高い約定率のまま、米ドル円の取引スプレッドを2銭(2.0pips)から1.6銭(1.6pips)に縮小する「ドル円スプレッド1.6キャンペーン」を、2009年9月28日から10月30日まで実施。多くの投資家が、より低コストで取引しやすくする。

   スプレッドとは、買値と売値の価格差で、FX業者の手数料にあたる。パートナーFXではこれまで2銭だった手数料を、キャンペーン期間中は1.6銭に「値下げ」する。

   その一方で、スプレッド幅が縮まることで取引量が増えるが、投資家の注文が通らなかったり、指定した値段と異なる値段で約定したりといったことが起こりかねない。同社は安定した取引システムによって高い約定率を維持。投資家は、クリックした瞬間の提示レートで即約定できて、取引機会を逃さない。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中