2018年 7月 19日 (木)

外国人に話しかけられた8割が「???」 英会話の「壁」男女500人 調査で明らかに

印刷
真の国際化までの道のりは遠い?
真の国際化までの道のりは遠い?

   語学学習ソフト「Rosetta Stone(ロゼッタ・ストーン)」を販売するロゼッタ・ストーンジャパンは、20~30代の男女500人(男性・女性とも250人ずつ)を対象に「英語」に関する実態調査を実施。その結果、8割が「外国人に話しかけられても、聞き取れない」ことが明らかになった。

   「聞き取れない」と答えた人たちの具体的対応としては、「道を聞かれても答えられなかった」というように、なんとなく意味が分かっても何もできない状況が浮かび上がる。それで、どうするかといえば8%は「聞こえないフリまたは逃げた経験がある」と回答しているのだ。

   また、「英語で苦手意識のあるものは何か?(複数回答)」との問いに対し、最も多かったのが「スピーキング」(76%)。以下、「ヒアリング」(60%)、「発音」(51%)、「文法」(49%)、「語彙(ごい)」(46%)、「読解」(36%)と続く。当然、「英語を話せるようになりたいと思うか?」との質問に、「とても思う」「やや思う」合わせて93%の人が「Yes」と答えており、「英語を話せるようになりたい」と人々がいかに多いかが分かった。

   ちなみに、これまで、スクール通いや教材購入などで英会話向上に励んできたという人たちに、過去に英語に費やした金額はいくらくらいかを尋ねると、「100万円以上」が13%、「50~100万円」が9%で、平均額は「34万8780円」だった。

   調査は09年9月2~3日、インターネットで実施。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中