外国人に話しかけられた8割が「???」 英会話の「壁」男女500人 調査で明らかに

印刷
真の国際化までの道のりは遠い?
真の国際化までの道のりは遠い?

   語学学習ソフト「Rosetta Stone(ロゼッタ・ストーン)」を販売するロゼッタ・ストーンジャパンは、20~30代の男女500人(男性・女性とも250人ずつ)を対象に「英語」に関する実態調査を実施。その結果、8割が「外国人に話しかけられても、聞き取れない」ことが明らかになった。

   「聞き取れない」と答えた人たちの具体的対応としては、「道を聞かれても答えられなかった」というように、なんとなく意味が分かっても何もできない状況が浮かび上がる。それで、どうするかといえば8%は「聞こえないフリまたは逃げた経験がある」と回答しているのだ。

   また、「英語で苦手意識のあるものは何か?(複数回答)」との問いに対し、最も多かったのが「スピーキング」(76%)。以下、「ヒアリング」(60%)、「発音」(51%)、「文法」(49%)、「語彙(ごい)」(46%)、「読解」(36%)と続く。当然、「英語を話せるようになりたいと思うか?」との質問に、「とても思う」「やや思う」合わせて93%の人が「Yes」と答えており、「英語を話せるようになりたい」と人々がいかに多いかが分かった。

   ちなみに、これまで、スクール通いや教材購入などで英会話向上に励んできたという人たちに、過去に英語に費やした金額はいくらくらいかを尋ねると、「100万円以上」が13%、「50~100万円」が9%で、平均額は「34万8780円」だった。

   調査は09年9月2~3日、インターネットで実施。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中