2018年 7月 17日 (火)

省エネ性アップの冷蔵庫2シリーズ

印刷
地球環境への配慮とあわせて、豊かな食生活をサポート
地球環境への配慮とあわせて、豊かな食生活をサポート

   パナソニックは、高効率コンプレッサーと冷却器で省エネ性を向上したトップユニット冷蔵庫「XVシリーズ」と「4Tシリーズ」を、2009年10月10日に発売する。

   従来よりCOP(エネルギー消費効率の目安として使われる成績係数)を約6%向上した新開発の高効率コンプレッサーと、熱交換効率を向上した冷却器の組み合わせで、省エネ性をアップした。さらに、業界初の「エコナビ」を搭載して、外出中や就寝時間帯など、ドアの開閉のない時間帯を「学習」して、それぞれの生活パターンに応じた冷却運転制御で、余分な消費電力量を削減する。

   XVシリーズに搭載した「ナノイー」効果で、野菜室を除菌。柑橘系果物の表面の防カビ剤をはがれやすくする効果や、イチゴの糖量が増えるといった栄養素アップの効果も見込める。

   6ドア。定格内容積は470~603リットル。オープン価格。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中