2018年 6月 21日 (木)

最大15台まで連動する火災警報器

印刷
電池式なので取り付けも簡単な住宅用火災警報器
電池式なので取り付けも簡単な住宅用火災警報器

   パナソニック電工は、最大15台の警報器が火災を検知してから約3~10秒で連動して家中の火災発生を声で知らせる、住宅用火災警報器「けむり当番 電池式 ワイヤレス連動親器(15台連動タイプ)」を、2009年9月21日に発売した。

   電池式なので、配線工事が不要。電池の寿命は約10年。取り付けも簡単で、既存の住宅にも最適。火災発生はもちろん、機器の異常や動作試験時の試験結果、電池切れもわかりやすい音声で知らせる。警報メッセージは、火元の部屋では「火事です。火事です」、連動しているほかの部屋では「ほかの部屋で火事です」となる。

   親器と子器の電波を、1日1回自動的にチェックする機能もある。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中