天海祐希がPR 東芝「ママゴコロ家電」で快適にエコ

印刷
発表会に出席した山下文男・東芝ホームアプライアンス社長(左)と天海祐希さん(右)
発表会に出席した山下文男・東芝ホームアプライアンス社長(左)と天海祐希さん(右)

   東芝は、「ママ目線」の機能やデザインを重視した「ママゴコロ家電」の冷凍冷蔵庫とドラム式洗濯乾燥機を2009年9月28日、発表した。同日都内で行われた発表会には同社のCM出演が3年目となる女優の天海祐希さんも出席、「毎回、新しくなる機能を楽しみにしています」とアピールした。

   東芝家電製品のコンセプト「ecoスタイル」の新展開である「ママゴコロ家電」は、「ママにうれしい機能は、誰もがうれしい」をテーマにしたもの。同社の調査によると、現代女性の間で「家事をポジティブに捉える意識」や「家事を通じて家族の幸せをつくっていきたいという意識」が高まるなど、「家事」や「家電」に対する価値観に変化が生じているという。「ママゴコロ家電」は、そんな「ママ」たちを「サポートするミカタ」として、「省エネ性能」とならぶ「快適性能」を追求するというわけだ。

   新発売の冷凍冷蔵庫は最大548リットルの大容量。1年前の同社製品よりさらに消費電力量を約3割削減した「省エネ性能」も持つ。さらに新たな「快適性能」として、「ピコイオン除菌 ウイルスハンター」を搭載。超微細なイオンを発生させ、雑菌やウイルスをとことん除菌し、生鮮食品などの鮮度やおいしさをしっかり保ってくれる。

   この「ピコイオン除菌 ウイルスハンター」は新しいドラム式洗濯乾燥機「ZABOON(ザブーン)」にも搭載。さらに抗菌成分(銀イオン)を加えた「抗菌水」で洗うため、衣類を確実に消臭・除菌する。力強い「たたき洗い」と、最大1700回転の「高速脱水」も、磁力の強弱が可能となった「ACTIVE S-DDモーター」をドラム式洗濯乾燥機として世界で初めて搭載したことにより実現した。

   「ママゴコロ家電」の新テレビCMは09年9月29日より全国で放映される。出演した天海さんは発表会で「私の生活は東芝さんに支えられているといっても過言ではない」と語るほど「毎日フルに使っている」とのこと。特に野菜の鮮度が長く保てることや、夜中の洗濯でも静かで、乾燥後のしわも気にせず洗えることが重宝しているそうで、「ママ」にはもちろん、「私のような独り者にもやさしい」「家電好きの男性にもやさしい」とアピールしていた。

   冷凍冷蔵庫は10月25日以降、洗濯乾燥機「ZABOON」は11月中旬以降、順次発売する。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中