2018年 7月 17日 (火)

フォルクスワーゲンの2車種 一部改良

印刷
写真は「ゴルフ トゥーラン」
写真は「ゴルフ トゥーラン」

   フォルクスワーゲン グループ ジャパンは、「ゴルフ トゥーラン」と「ニュービートル」の装備を一部改良し、2009年9月29日から売り出した。

   「ゴルフ トゥーラン」は、従来の湿式6速のデュアルクラッチトランスミッション「DSG」から乾式7速DSGに変速機を変更。これにより燃費は最大約15%改善されている。また、上級グレードの「TSI ハイライン」には、レザーシートがオプションとして用意される。価格は288万円~340万円。

   「ニュービートル」では、入門グレードの「EZ」にフロントフォグランプを採用。また、2Lエンジンを搭載する従来の3グレードは、レザーシートを標準装備とするグレード「LZ」に統合された。価格は245万円~298万円。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中