メディアの「情報操作」に迫る

印刷
講談社+α新書「スピンドクター」
講談社+α新書「スピンドクター」

   ノンフィクションライターの窪田順生さんが2009年9月、新書「スピンドクター―『モミ消しのプロ』が駆使する『情報操作』の技術」を、講談社+α新書シリーズから出版した。全205ページで、価格は838円(税別)。

   タイトルにある「スピンドクター」のうち、スピンとは「情報操作」を指し、とりわけ、このスピンの技術に長けている人物を「スピンドクター」と欧米では言われている。同書では、新聞記者も務めた著者が、メディアによって行われている「スピン」の実態を紹介している。

   「『世の中に溢れている情報は誰かが意図的に流したものだ』ということに気がつかない、疑うことを知らない人が大勢いるのではないだろうか」。著者はこう警鐘を鳴らす――。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中