2018年 5月 24日 (木)

アロマが香る癒しのティシュー

印刷
ティシューの新たな使い道が広がりそう
ティシューの新たな使い道が広がりそう

   日本製紙クレシアは、アロマティシュー「クリネックス(R)アロマティシュー コンフォートタイム」「同 スウィーツタイム」を2009年10月1日から販売している。

   香りの空間デザインをプロデュースするアットアロマとのコラボレーションによるオリジナルの香り付きのティシューだ。

   アロマに対して、高い、楽しみ方が分からない、手に入りにくい、といったイメージを持つ人が、アロマを手軽に楽しむことができる。同社は、一枚を鞄の中や手帳の間にしのばせたり、満員電車で不快な時にそっと鼻にあてたり、会議中の気分転換に使ったり、などの使い方を提案している。

   「クリネックス(R)アロマティシュー コンフォートタイム」は、ラベンダー、カモミール、シダーウッド、マジョラム、プチグレンをブレンドした癒しの香り。リラックス、リフレッシュしたいときにぴったりだ。

   一方「同 スウィーツタイム」は、ストロベリースウィーツとイランイランの香りをブレンド。ハッピーになれる甘い香りだ。

   いずれもオープン価格。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中