2018年 7月 22日 (日)

W節水シャワー付き「お風呂丸ごとエコ」

印刷
シャワーが3段階で切り替えできて節水。掃除しやすいバスルーム
シャワーが3段階で
 切り替えできて節水。掃除しやすいバスルーム

   パナソニック電工は、節水と掃除のしやすさに優れた「W(ダブル)節水シャワー」を新たに開発。バスルーム「ココチイーノ」の省エネ性能を高め、2009年12月1日に発売する。

   同社の調べによると、住宅の水廻り設備にかかる水道代や光熱費の割合で、浴室にかかるコストは約54%。また、「浴室で使用する水でもったいないと感じるものは」との問いに、約32%が「掃除に使う水」、約25%が「身体を洗い流すときのお湯」と答えた。そこで同社は、用途に合わせて切替えができる、3つのモードで節水が可能な「W節水シャワー」を開発。とくに、独自の「ささっとワイドモード」では従来比約2倍の幅と水勢で散水でき、節水だけでなく掃除もしやすくした。

   「W節水シャワー」とお湯が冷めにくい保温浴槽、省エネ照明と、すべてがエコ仕様の「お風呂丸ごとエコ」を実現。水道、ガス、電気代の合計で約20年前の浴室に比べて、年間約3万2300円(Lクラス)、約2万8000円(Sクラス)の節約を可能にした。

   希望小売価格は、Lクラス1216サイズ(0.75坪)の場合、112万350円~。Sクラス1216サイズの場合、73万9200円~(いずれも、工事費別)。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中