2018年 7月 16日 (月)

アレル物質を抑える床材開発

印刷
健康で快適、床に直接座っても安心できる
健康で快適、床に直接座っても安心できる

   パナソニック電工は、ダニの死がいや花粉などのアレル物質を抑制する「アレルバスター(R)」を塗装に配合した床材「オールマイティフロアー」を開発、2009年12月1日に発売する。

   住環境の健康に及ぼす影響への関心の高まりとともに、室内のアレル物質への対応が住宅設備、建材メーカーにとって課題だった。アレルバスター(R)を配合した塗装仕上げによって、床に付着したアレル物質を変化させ抑制する。また基材に持続可能な森林資源、PEF認証合板(ユーカリ複合材使用)を採用した。多彩なコーディネートを実現する木目5柄と石目3柄を品揃えした。

   サイズは1枚、幅303ミリ×長さ1818ミリ×総厚12ミリ。希望小売価格は、1ケース(3.3平方メートル)3万3810円(工事費別)。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中