「PS3」の技術を投入した高性能液晶テレビ

印刷
処理能力は143倍!
処理能力は143倍!

   東芝は2009年10月5日、プレイステーション(PS)3でも使われている高性能処理回路「Cell Broadband Engine」(Cell)の技術を投入した55型液晶テレビ「CELLレグザ 55X1」を09年12月上旬に発売すると発表した。

   映像処理回路として、「Cell」を使った「CELLプラットフォーム」を搭載したことで、従来機種と比べ演算処理能力を143倍に向上させた。コンテンツの製作過程で失われた色情報をリアルタイムで復元することなどで、従来よりも高画質の映像を楽しめるという。

   他にも、過去26時間にわたり最大8局のテレビ放送を同時に録画し続け、見逃した番組をいつでも視聴できる機能「タイムシフトマシン」や、放送中の8番組を1画面に同時表示するマルチ表示機能など、「Cell」の処理能力を活かした従来機種にはない新機能を搭載している。また、録画用に合計容量3TBの大容量ハードディスクドライブを内蔵するほか、液晶のバックライトに輝度が高いLEDを採用するなど、基本性能も充実させた。

   想定価格は100万円前後。

   「Cell」は東芝がIBM、ソニーと共同で開発した処理回路で、PS3やスーパーコンピューターなどでも採用されている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中