2018年 5月 28日 (月)

「Windows7」搭載PCが続々登場!

印刷
画像はソニーの「Xシリーズ」
画像はソニーの「Xシリーズ」

   マイクロソフトがパソコン用基本ソフト(OS)の最新バージョン「Windows7」を2009年10月22日に発売するのに合わせ、国内のパソコン各社は「7」を搭載したパソコンを同日から一斉に売り出す。「7」は、現行の「Vista」より動作が軽くなったのが最大の特徴で、画面表示も改良された。

   ソニーは、ノートパソコン9シリーズとデスクトップパソコン2シリーズを発売。重量665gで世界最軽量をうたう11.1型液晶搭載の「Xシリーズ」を新たにラインアップに加えた。インテル社のネットブック向けCPU「Atom」を搭載し、標準バッテリーだと10時間程度使えるという。

   東芝は、ノートパソコン10シリーズを順次売り出す。4シリーズではブルーレイドライブを搭載した。同社がブルーレイ対応モデルを発売するのはこれが初めて。また、ノートパソコンとネットブックの中間モデルに位置づける「dynabook MXシリーズ」も投入する。

   富士通は、ノートとデスクトップあわせて10シリーズを発売する。ノート1シリーズとデスクトップ1シリーズは「7」の新機能「Windows タッチ」に対応し、画面のタッチでウェブページの閲覧や、画面の移動、画像の拡大・縮小などを直感的に操作できるようにした。

   日本ヒューレット・パッカード(HP)や、日本エイサーなどの外資各社も「7」搭載パソコンを日本市場で売り出すと発表している。

   各社とも、パソコン市場が伸び悩む中で、好調な売れ行きを見せているネットブックや、ネットブック以上ノートパソコン未満の性能を持つ中間モデルを充実させ、2台目パソコンとしての需要を喚起したい考えだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中