2018年 7月 19日 (木)

「高濃度プラズマ」で部屋もエアコン内も清潔

印刷
エアコンをつけた時のカビ臭さを除去して快適に。
エアコンをつけた時のカビ臭さを除去して快適に。

   シャープは、「高濃度プラズマクラスター25000」で部屋とエアコン内部の両方を清潔に保つとともに、業界NO.1の省エネを実現したプラズマクラスターエアコン「SXシリーズ」を、2009年11月16日に発売する。

   エアコンで初めて「高濃度プラズマ25000」を搭載し、浮遊ウイルスの抑制能力と、浮遊カビ菌やアレル物質、カーテンなどに付着したニオイの分解、除去能力を高めた。加えて、高濃度プラズマクラスターイオンをエアコン内部に集中的に放出することで、カビ菌の増殖を防ぎ、エアコンをつけた時に感じるカビ臭いニオイを除去する。

   さらに、風の抵抗を抑える新開発の室外機ファンと風を効率的に吹き出す気流制御技術によって業界NO.1の省エネと、風が直接からだに当たらない「つつみ込む気流」によって、健康で快適な空調を実現した。オープン価格。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中