「ペットボトル製ゴリラ」が上野動物園に 「い・ろ・は・す」のecoアートプロジェクト

印刷
親ゾウは高さ2メートル30センチ。迫力あります!
親ゾウは高さ2メートル30センチ。迫力あります!

   日本コカ・コーラは2009年11月7日から23日まで、空ペットボトルを利用してアジアゾウの親子、ニシローランドゴリラ、ホッキョクグマをモチーフにした実物大のエコアート作品を東京・上野動物園に展示する。

   作品のテーマは「すみかを追われた動物たち」。地球環境の変化で生息地を失いつつある動物たちを、09年5月に発売されたミネラルウォーター「い・ろ・は・す」の特徴である「しぼれるペットボトル」で表現することで、一人ひとりが手軽にできる「エコアクション」の大切さを呼びかけるのが目的だ。

   作品を創作したのは世界中で活躍する米ストリートアーティスト、マーク・ジェンキンスさんと、本プロジェクトの趣旨に賛同した京都精華大学・上智大学の学生たち。ペットボトルでつくるという初めての試みに、「ディテール(細部)やテクスチャー(質感)をどこまで見せられるか、何度もやり直す作業が連日続いた」という。そうして出来上がった作品は、今にも動き出しそうなほどに再現されている。

   この展示は空ペットボトルを利用し、さまざまなエコアクションを呼びかける「い・ろ・は・すecoアートプロジェクト」の一環。10月15日に渋谷の街を「ペットボトル製」のアジアゾウが回遊したのを皮切りに、17日から25日までは「第22回東京国際映画祭」でこのエコアート作品を展示。さらに、「アジアゾウ親子」の作品を使用し、すみかを追われた子ゾウが都会の雑踏で親ゾウを探す旅に出るアートムービーもYouTube上(http://www.youtube.com/watch?v=KjfWNKkV7E0)で公開しており、さまざまな層に「エコ」のメッセージを投げかける。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中