人気ロボットアニメ「鉄のラインバレル」PSPで登場 オリジナルストーリーに刮目せよ!

印刷
 PSPソフト「鉄(くろがね)のラインバレル」
PSPソフト「鉄(くろがね)のラインバレル」

   コミック発行部数が250万部を超え、2009年3月までTBS系列で放映されたテレビアニメも深夜枠ながら高視聴率をマークした、人気ロボット漫画「鉄のラインバレル」のPSP版ゲームソフトが登場した。ゲームならではのオリジナルストーリーが好評だ。

   「鉄のラインバレル」は、ある事故がきっかけで「マキナ」と呼ばれる巨大人型メカを操ることになった主人公・早瀬浩一の戦いと成長を描く、「月刊チャンピオンRED」(秋田書店)で連載中の人気漫画だ。ゲームは物語を進行するアドベンチャーパートと、敵と戦う戦闘パートとで構成されており、漫画ともアニメとも異なる「第3のラインバレル」とも言うべき、オリジナルストーリーが展開していく。

   アドベンチャーパートでは主人公の早瀬浩一を取り巻くキャラクターごとにオリジナルシナリオが展開される。戦闘パートではPSPの性能を最大限に生かし、「マキナ」が画面上を迫力たっぷりに、ダイナミックに暴れまわる。ゲーム内で挿入されるアニメーションはすべて新しく描き下ろされており、セリフももちろんフルボイスだ。

   主人公を演じる柿原徹也さんをはじめ、能登麻美子さん、平野綾さん、中村悠一さんら、アニメ版の豪華声優陣がこのゲームのために再集結しており、アニメファンから「ロボットもの」ファンまで幅広く楽しめる仕上がりになっている。

   価格は6090円(税込)。09年10月8日から全国のゲーム売り場や量販店などで発売している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中