抹茶を使ったパスタも 東京・吉祥寺に創作ダイニング「宗々(そうそう)」オープン

印刷
吉祥寺という人気エリアにふさわしい現代的な雰囲気だ
吉祥寺という人気エリアにふさわしい現代的な雰囲気だ

   ハラダ製茶は2009年11月13日、東京・吉祥寺に創作ダイニング「宗々(そうそう)」をオープンさせる。

   同店は、大正6年創業のハラダ製茶がこれまで茶業で培ってきた「技術」と「和の心」を元に、本格的な日本茶を飲んで楽しむだけでなく、イタリアンをベースにした本格創作和風料理やスイーツなどでも日本茶や抹茶を用いた料理を提供。現代風にアレンジしたダイニング環境の中で「和ごころ」を味わえる空間となっている。

   ランチタイムにはお茶素材を使ったパスタ、ディナータイムには、鹿児島産茶葉を食べさせて育てた「茶美豚(ちゃびとん)」を使った自家製ハムや角煮、さらに、ほうじ茶をドレッシングに用いたサラダなどを用意。また、「抹茶のセミフレッド」といったデザートや、急須を使っていれた煎茶・玉露茶・ほうじ茶を使用したサワー、本格的な香りが楽しめる高級ウーロン茶など、デザートやドリンク類も充実している。

   メニューの一例としては、「宇治てん茶を使ったアーリオオーリオ(ぺペロンチーノ)」(ランチでの提供、サラダ、パン付き1,200円)、「サラダで仕立てた茶美豚の自家製ボイルハム ピリッとマスタード」(800円)、「Wコラーゲンスープでいただくお茶漬け」(550円)、「パンナコッタ モスカートのグラニテ添え」(420円)。

   場所は東京都武蔵野市吉祥寺南町1-18-1。

   営業時間は11~24時(月曜定休)。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中