2018年 7月 20日 (金)

ハザードの点滅間隔を縮めた「デリカD:5」

印刷
写真は「シャモニー」
写真は「シャモニー」

   三菱自動車は、「デリカD:5」に改良を加え、2009年11月11日に売り出した。

   エンジンやCVTの制御を見直し燃費を向上させたほか、坂道でのスムーズな発進をサポートするヒルスタートアシスト、急減速時にハザードランプの点滅間隔を通常の半分に縮め、後続車に緊急制動を伝える「緊急制動信号システム」を採用するなどしている。

   また、「G-Navi package」グレードをベースとする特別仕様車「シャモニー」も用意され、09年11月20日に売り出される。こちらはメッキドアハンドルなどメッキ装備品を採用し質感を向上させたほか、DVDや家庭用ゲーム機などを楽しめる、DVD内蔵後席9インチワイド液晶ディスプレイなど備える。

   価格は266万7000円~370万6500円、「シャモニー」は345万9750円。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中