2018年 7月 17日 (火)

パズルで反体制組織追え! スリル感あふれるゲーム

印刷
mono53578_pho01.jpg

   スクウェア・エニックスは、Xbox LIVE アーケードやPC(Steam)向けのゲーム「ジャイロマンサー」を2009年11月18日に発売する。希望小売価格は、1200マイクロソフトポイント。

   ゲームは、反体制組織「テンパランス」が王国の有力貴族であるレイアティーズ伯爵邸を襲撃したとの想定でスタート。伯爵夫妻は死亡し、別邸に預けられていた伯爵の息子エヴァレットも行方不明となる。国王の命により召喚された魔術師リベル・アーデは、テンパランスを追ってレンジャーのラスカとともにアルデモナの森へ踏み入っていく。そのスリルを楽しめるのが醍醐味だ。

   パズルとRPGが融合した新しいタイプのゲーム。マップを移動中に敵と遭遇すると戦闘になるが、従来のRPGとは異なり、パズルゲームで戦う。ブロックを右回転で入れ替え、同じ種類のブロックを縦か横に3つそろえると、ブロックが消滅する。消したブロックによってアビリティゲージがチャージされ、一定以上チャージすると、アビリティが発動して、敵にダメージを与えたり、自分に有利な効果が得られたりする。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中