バレンタインにおいしいチョコをつくる試食バスツアー

印刷

   女性に人気のヨミウリオンライン大手小町が、バレンタインチョコの試食ツアーを企画した。「おいしいチョコを作るためには、まず食べてみるしかない!」と、静岡市にある、わさび漬けの老舗・田丸屋本舗の洋菓子部門「メゾンド フリアン」に、シェフパティシエの宮脇健寿さんを訪ねる日帰りバスツアーで、2010年2月のバレンタイン用に「小町チョコ」を作るための試食会に参加する。

   「小町チョコ」は「大手小町ロール」に次ぐ、スイーツの開発第2弾。来るバレンタインデーに、「友チョコ」や「本命チョコ」、自分用のどれにでも使えるおいしいチョコをめざす。

新鮮な魚介類にショッピングも楽しめる

「発言小町」の書き込みをもとに試作したカシスのギモーブとホワイトチョコ(生チョコ)の組み合わせ
「発言小町」の書き込みをもとに試作したカシスのギモーブとホワイトチョコ(生チョコ)の組み合わせ

   そんな「小町チョコ」のテーマは、「ソシャクして食感と口どけを味わうチョコレート菓子」。食感、口どけ、チョコレートの酸味、すべてにこだわった3種類の生チョコを用意し、サブレやギモーブ(マシュマロ)、パートドフリュイ(ゼリー)などとあわせることによって、ソシャクしているうちに溶けながら味と香りが広がる個性的な生チョコに仕上げる。

   ツアーは、2009年11月28日、東京・大手町を出発して静岡市の「メゾンド フリアン」へと向かう。宮脇シェフとチョコレートを味わう試食会には、おみやげも付く。

   また途中は「焼津さかなセンター」で、焼津港で水揚げされた新鮮な魚介類を買い物や食事で楽しむほか、富士山が見える広大な敷地に国内外のブランドが揃う、国内最大級の「御殿場アウトレットモール」ではショッピングを楽しむ、盛りだくさんの内容だ。

   参加費は4580円。定員42人で、11月25日まで募集している。「まだクリスマスも来ていないのに気が早い」などと言わず、恋をゲットするチョコを味わおう。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中