レトロな万年筆用インク消し、復刻発売

印刷
これを機会に「万年筆デビュー」もいいかも?
これを機会に「万年筆デビュー」もいいかも?

   プラチナ萬年筆は、インク消しで有名なガンジーブランドから1935年(昭和10年)に発売された万年筆用のインク消しを、2009年11月末から復刻発売する。

   赤色と透明の2種類の液を、「赤液」「透明液」「赤液」の順で修正したい個所に塗ると、化学反応で紙からインクが消える。

   万年筆はペン先が鋭利なため、修正液や修正テープなどを施したところの上にもう一度、文字を書こうとすると修正個所を削ってしまっていたが、このインク消しならばその心配がないという。

   キャップ部分には、1935年当時のガンジー刻印があり、レトロな雰囲気を残している。

   赤・透明液がそれぞれ20cc入って、価格は1260円。

   水性染料インク専用で、対応製品はブルーブラック・レッド・他カラーインクの同社製品に限定。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中